防犯カメラの種類について

サクサカメラサイトへようこそ!
まだまだ内容が乏しいサイトではありますが、徐々に皆様のお役に立てるようなサイトを目指していきます。
なにとぞよろしくお願いいたします。

さて、第一回目のブログです。

昨今ニュースなどでも「防犯カメラの映像」として紹介されることが多くなってきましたが、実際に防犯カメラを導入しようと思った時、たくさん種類があるので迷ってしまいますね。

今回はカメラの種類・形状について紹介させていただきます。
すでにご存じの方も多くいらっしゃるかとは思いますが、ご一読いただけますと幸いです。

防犯カメラの種類について

防犯カメラの種類

防犯カメラには様々な方式のカメラが存在します。

アナログ方式

アナログ方式
テレビ用の同軸ケーブルを経由してテレビモニタに接続して、撮影した映像を見ることができるカメラです。映像信号用の同軸ケーブルの他に、用途に応じて制御信号用ケーブル(PTZ等で利用)や、音声用ケーブルが必要です。映像用同軸ケーブルに電源重畳できる機種もありますがメーカー間の互換性はありません。

ネットワーク方式 (デジタル)

ネットワーク方式(デジタル)
Webカメラ(IPカメラ、ネットワークカメラ)と呼ばれます。通常低い画質で撮影し、人間が写ったときだけ高い画質で撮影するように、解像度を自動切替することができます。撮影した映像をインターネットやLAN経由で遠隔地に配信することができます。PoE給電対応のカメラはPoE HUBからの給電が受けられます。

HDCVI方式(アナログハイビジョン)

HDCVI方式(アナログハイビジョン)
同軸ケーブル1本で、映像・音声・カメラ制御信号(フォーカス・PTZ等)を伝送可能です。また、IPカメラと比較して、映像の遅延が無いという特徴があります。従来の既設配線同軸ケーブルを利用する事ができる。また、電源供給もAC電源や重畳電源の為、従来のアナログカメラに比べ容易に施工が可能です。

また、カメラには数多くの形状(種類)があり、提案時にどういうカメラを選定すればいいのか迷いがちです。
代表的な種類を紹介します。

①固定カメラ

・ドームカメラ

ドームカメラ
照明器具のようなデザインで威圧感が少なく、事務所や店舗内など屋内設置向き。
主に天井などに設置します。

・ボックス(バレット)カメラ

ボックス(バレット)カメラ
存在感の大きなボックスカメラは威嚇効果があり、防犯効果が高い。
主に壁面に設置します。

②PTZカメラ

PTZカメラ
主にドーム型の形状をしており、パン(P)・チルト(T)・ズーム(Z)機能を有した可動式カメラです。1台で広い範囲の撮影が可能です。
主に天井に設置します。
※PTZカメラは壁面設置には向きません。

防犯カメラは「どこに、どのようなカメラを設置するか」が選定ポイントとなります。

例えば「屋外」であれば存在感の大きなバレット型カメラ、「屋内」ならば威圧感が少ないドーム型カメラを選定するのが一般的です。
身近な例でいうと、コンビニエンスストアの店内でバレット型のカメラはあまり見かけないと思います。

「なぜ?」は説明するまでもありませんよね。

今回紹介は省きましたが、細かくわけるとほかにも多くの種類が存在します。設置目的、設置場所、撮影時間に合わせて選びましょう。

防犯カメラの種類や選び方についてのご相談や、もっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

<お問合せフォームはこちら> お気軽にお問い合わせください。