【お役立ち情報】IP規格ってなに?IKとは??

お疲れ様ですサクサカメラです。
期末でテレビドラマも最終回が相次ぎ、あな番ロスのあの頃のようになってきています。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。。。
 

パンダさん。。。

 

 

井沢さん。。。 

 

と、、、失礼しました。。。(;^ω^)

 

さて、今回はカメラのデータシートなどに記載されている「IPxx」ってなんなの?
という点について紹介させていただきますm(_ _”m)

International Protection Standard

IP規格とはIEC(国際電気標準化会議)によって定められた規格です。
国内では日本工業規格(JIS)でも採用されている電気製品の「防塵性能・防水性能」を表す規格のことです。

保護特性記号+「防塵」「防水」の各性能を数字で表しています。

防塵性能って?

 主に埃などの異物侵入に対する保護の度合いを「0」~「6」の7段階で表示します。
   ※2020年3月現在
 「第1特性数字」などと呼ばれています。

IP1x IP2x IP3x
     
直径50mm以上の固形物体が
侵入しないこと
直径12mm以上の固形物体が
侵入しないこと
直径2.5mm以上の固形物体が
侵入しないこと
IP4x IP5x IP6x
     
直径1.0mm以上の固形物体が
侵入しないこと
機器の動作や安全を損なうほどの
粉塵が侵入しないこと
粉塵の侵入が完全に
保護されている

※IP0xは保護無しとなります。

防水性能って?

 主に水の侵入に対する保護の度合いを「0」~「9」の10段階で表示します。
   ※2020年3月現在
 「第2特性数字」などと呼ばれています。

IPx1 IPx1 IPx3
     
200mmの高さより
3~5mm/分の水滴を

10分間で動作に有害な影響を
受けないこと
200mmの高さより15°傾けた時に
3~5mm/分の水滴を

10分間で動作に有害な影響を
受けないこと
200mmの高さより60°の範囲で
10リットル/分の放水を

10分間で動作に有害な影響を
受けないこと
IPx4 IPx5 IPx6
     
300~500mmの高さより
全方向に10ℓ/分の放水を

10分間で動作に有害な影響を
受けないこと [全方向飛沫]
3mの距離から全方向に
12.5リットル/分・30kpaの
噴流水を3分間で動作に有害な
影響を受けないこと [墳流水]
3mの距離から全方向に
100リットル/分・100kpaの
噴流水を3分間で動作に有害な
影響を受けないこと [強噴流水]
IPx7 IPx8 IPx9
     
水面下・15cm~1mに水没させ
30分間で内部に水が
浸入しないこと
水面下・1m以上に水没させ
継続的使用で内部に水が
浸入しないこと
高圧蒸気ジェット洗浄機で
内部に水が浸入しないこと

※IP0xは保護無しとなります。

表記としてはこうなります。

 

 

 

AXISさんのデータシートではこのような表記がされています。
 

IP66/IP67と表記されていますね。
このバレット型のカメラは「防塵性能6」「防水性能6」ということになります。

もうちょっと例を。

このドーム型カメラは「防塵性能4」「防水性能2」ですね。

せっかくなのでもう一つw

 


このPTZカメラは「防塵性能5」「防水性能1」ですね。

 

他のメーカさんのカメラでも、この規格は(ほぼ)表記されています。
従来はハウジングを別途用意して、防塵・防水対策を高めることをしていましたが、昨今ではカメラ単体でも備わっている機種が増えてきました。


 
 Dahua製バレットカメラ

 

  
 
     Dahua製ドームカメラ

 


 
     Dahua製PTZカメラ

あれ。。。?
IPじゃなくて「IK」って書いてある。。。

 

 

はい。
実は「IPxx」のほかに、「IKxx」という規格があります。
これは「耐衝撃保護等級」(物理的な衝撃に対する保護)を表す規格です。

等級 エネルギー 衝撃に対する保護
IK00 0.00J 保護なし
IK01 0.15J 7.5cmの高さから落下する200gの物体の衝撃に耐え、
動作に有害な影響を与える損傷がないこと
IK02 0.20J 10cmの高さから落下する200gの物体の衝撃に耐え、
動作に有害な影響を与える損傷がないこと
IK03 0.35J 17.5cmの高さから落下する200gの物体の衝撃に耐え、
動作に有害な影響を与える損傷がないこと
IK04 0.50J 25cmの高さから落下する200gの物体の衝撃に耐え、
動作に有害な影響を与える損傷がないこと
IK05 0.70J 35cmの高さから落下する200gの物体の衝撃に耐え、
動作に有害な影響を与える損傷がないこと
IK06 1.00J 20cmの高さから落下する500gの物体の衝撃に耐え、
動作に有害な影響を与える損傷がないこと
IK07 2.00J 40cmの高さから落下する500gの物体の衝撃に耐え、
動作に有害な影響を与える損傷がないこと
IK08 5.00J 29.5cmの高さから落下する1.7kgの物体の衝撃に耐え、
動作に有害な影響を与える損傷がないこと
IK09 10.00J 20cmの高さから落下する5kgの物体の衝撃に耐え、
動作に有害な影響を与える損傷がないこと
IK10 20.00J 40cmの高さから落下する5kgの物体の衝撃に耐え、
動作に有害な影響を与える損傷がないこと

※2020年3月現在

 

 

 

 

カメラを選定する上では、設置場所にあわせた規格を選ぶことが大切です。
例えば屋外に設置する際などは、防水性能が乏しいカメラを選定してしまうと、思わぬトラブルの原因ともなります。
また、手が届きやすい場所などに設置する際は、壊されたりする可能性もありますので、耐衝撃性なども考慮すると良いと思います。

 

 

←誰かに昇竜拳されてしまったカメラです。。。(;^ω^)

ひどいニャ。。。

 

このブログが少しでも選定のお役にたてますと幸いですm(_ _”m)

 

それでは、今回はこの辺で失礼します。

来期も面白いドラマあるといいなぁ。。。もうええやろっ

 

 

ご相談などがございましたら、お気軽にお問合せください。
 ※お問合せ件名欄に問合せ機種名などを記載いただけますと大変ありがたく存じます。

 例)「映像圧縮ゲートウェイっておいくら?」
   「顔認証カメラの実機を見てみたい」
               などなど。。。

 

<お問合せはこちらからどうぞ♪>